読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海事録

The Saga of the Clipper Ship

A LIFE

実は、結構キムタクのドラマ好きなんですよ。

 

プライド、GOOD LUCKはじめ、依然として視聴率ランキングの上位を占めるドラマの数々。

 

過去の栄光とか言わないでください...

 

現在日本では、A LIFEというドラマをやっているとか。

キムタクは外科医の役で、その他の役者も豪華な顔ぶれのよう。

 

ということで、私も見てみようと思ったわけですよ。

 

しかし、こちらでは当然日本のTV番組は放送されていません。

 

もしかしたらYoutubeに転がってるかもしれない。だけど、Youtubeにアップロードされているドラマって結局違法だし、画質や音質が悪かったりするからなあ...。

 

だがしかし、アレがある。そうTVerだ。

民放公式アプリ、TVerがある。

 

過去一週間分の番組が見れるはずなので、先週分はこれでみれる!!

 

…はずだった。

 

“お客様の地域ではご利用になれません。”

 

アプリ起動後に現れたこのメッセージに阻まれた。

 

海外に頻繁に行く人には、馴染みの言葉かもしれない。

 

しかし、ここで諦めるわけにはいかない。

 

“勝つまでやるって言ったろ...!” 木村拓哉主演 安堂ロイド (2013) より

 

そう、勝つまでやればいい、見る方法が見つかるまでやればいいのだ。

 

図書館に何日もこもって、やっと打開策を見つけた。

 

...いや、実際はGoogleに尋ねただけです。

 

方法はわりと簡単で、VPNに接続すれば解決するみたい。

 

VPN接続とは(以下Wikipediaより)

 

Virtual Private NetworkVPN、バーチャル プライベート ネットワーク・仮想プライベートネットワーク(かそうプライベートネットワーク)などとも)は、インターネット(本来は公衆網である)に跨って、イントラネットを拡張する技術である。

 

ようは、これを使えば、日本のIPアドレスからネットに接続することができるということですね。

 

そして、やっと見ることができました、

 

A LIFE 毎週日曜夜9時より放送中。          

 

以上、木村拓哉でしたー、ちがうかー。

ダイビングライセンス

実はこっちに来る前にダイビングのライセンスを取ろうと思っていました。

 

でも結局取れず終いだったので、可能ならこっちで取得しようかな、と。

 

ライセンスの発行元がいくつかあるみたいなのですが、最も有名なPADIにしようと思います。

 

ライセンスの種類は以下の通り。

 

    易 スクーバ・ダイバー・コース
    ↓ オープン・ウォーター・ダイバー・コース
    ↓ スペシャリティ・ダイバー・コース
    ↓ アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース
    ↓ エマージェンシー・ファースト・レスポンス・コース
    ↓ レスキュー・ダイバー・コース
    難 マスター・スクーバ・ダイバー・コース

 

オープン・ウォーター・ダイバー・コースから入るのが普通みたいです。 

東南アジアの5カ国でライセンス取得料を比較してみた結果は以下の通り。

 

Singapore 500 SGD = 39,777 JPY
Thailand 12,900 BAHT = 41,560 JPY
Philippines 352 USD = 39,719 JPY
Malaysia 1,560 MYR = 39,495 JPY
Indonesia 350 USD = 39,494 JPY

 

料金はあくまで目安なので、若干の誤差はあるかと思いますが、

どこでとってもだいたい¥40,000くらいですね。

 

移動費を考えるとシンガポールかマレーシアになりそうです。

 

取得には4,5日かかるみたいなので厳しいかなとも思ったんですが、

複数回に分けて受講できるみたいなので、週末だけ通えばなんとかなりそうです。

 

和書の購入

こちらに来て何度か日本語の本を買ったのですが、輸入しているものなのでやはり割高です。だいたい2倍くらいの値段です。ちなみにシンガポールで和書を扱っている本屋は、以前紹介した紀伊国屋の他にもいくつかあるみたいです。

 

日本で積ん読している本をもってくればよかった…と後悔しても後の祭り。

 

ということで、どうすれば日本書籍を安く手に入るかを調べてみました。

 

最初に思いついたのはAmazon Japanでの購入。

しかし、そもそも海外に配送しているのか。

商品によっては不可みたいですが、配送はしているようです。

 

気になる海外配送料は、以下の通り(シンガポールへ発送の場合)。

 

(Amazon.co.jpが販売・発送する商品)

商品カテゴリー

配送1件ごとにかかる料金

商品1点ごとにかかる手数料

書籍、VHS ビデオ

¥600

¥300

CD、DVD、Blu-ray、カセットテープ、レコード

¥600

¥250

PCソフト

¥600

¥400

時計、ジュエリー

¥600

¥500

その他

¥600

¥800/kg(※)

 

(出品者が販売し、Amazon.co.jpが発送する商品)

商品カテゴリー

配送1件ごとにかかる料金

商品1点ごとにかかる手数料

書籍、VHS ビデオ

¥300

¥400

CD、DVD、Blu-ray、カセットテープ、レコード

¥600

¥250

上記以外

¥500

¥1,200/kg

 

配送料は、配送1件ごとにかかる料金と、商品1点ごとにかかる手数料を合計したものです。

 

とのことなので、最も安い場合で¥700の配送料。

新書一冊買うならこっちの本屋で買うのと変わりませんね。

 

むしろ待たなくて良い分、本屋で購入した方が良いかもしれない。

 

ちなみに、Amazonシンガポールはじめ東南アジアにはまだ参入していません。

東南アジアの業務拠点をシンガポールに解説する見通しではあるみたいですが。

 

それから、楽天シンガポールに参入しましたが2014年1月に事業開始しましたが、2016年2月に撤退しています。

 

Amazon楽天の代わりに東南アジアでは、LAZADAやQoo10といったECサイトが存在します。

 

3月に一時帰国予定なので、結局その時に何冊か買って来ることになると思います。

 

Garden by the Bay

昨日はGardens by the Bay に行ってきましたとさ。

 

MRT Bayfront駅から徒歩5程度で到着。

Marina Bay Sands ホテルから歩いてすぐです。

 

夕方から行きまして。

基本的に園内に入るのは無料です。が、

園内に屋内施設が2つあってそこに入るには入園料が必要となります。

以下、料金表。

 

  • Local Resident Rate - Single Conservatory
    Adult: $12
    Senior Citizen (≥60 years old): $8
    Child (3-12 years old): $8 

  • Local Resident Rate - Double Conservatories
    Adult: $20
    Senior Citizen (≥60 years old): $15
    Child (3-12 years old): $12

  • Standard Rate - Double Conservatories
    Adult: $28
    Child (3-12 years old): $15

 

シンガポールでなんらかのビザを取得していれば、ローカルの料金で入れます。

 

屋内施設はFLOWER DOMEとCLOUD FORESTの2つなのですが、

昨日はCLOUD FORESTにしました。

 

園内では、世界の木樹や花々を楽しめます。

中心に人工の山があってそこに登ると、"ロストワールド"なる場所があります。

標高2000mの世界を再現しているそう。

 

あとは、SUPER TREEと呼ばれる人工の木があって、高さ25-50m、夜にはライトアップされます。頂上にはレストランがあります。

 

f:id:nsw4869:20170205125245j:plain 

 

 

 

 

 

紅茶

茶畑に行ってきたので今日はインドネシアと紅茶について少しだけ。

 

 

 

そもそも紅茶と緑茶の違いは何かというところからですが、

 

これは発酵の度合いの違いですね。

 

緑茶は発酵の度合いが低く、紅茶は高い。

 

つまりは、どちらもチャノキの葉から作られていて

 

製法が異なるということです。

 

 

 

個人的に、インドネシアは紅茶というよりコーヒーの

 

イメージが強かったのですが、

 

インドネシアは茶の生産量、世界第7位 (2014年)でした。

 

同ランキングで日本は世界第10位。

 

 

 

ちなみにコーヒー生産量ランキングは世界第4位 (2014)でした。

 

コーヒーのイメージの方が強いのも無理はないですね。

 

 

 

どうやらインドネシアにおける紅茶の歴史は古く、

 

17世紀末、オランダ植民地時代に始まったようです。

 

私が訪れたジャワ島のバンドン周辺が主要な生産地だそうですね。

 

 

帰星

4:30起床

7:45ジャカルタ発の便でシンガポールへ帰ってきました。

 

早朝のフライトは眠たくて、いつも機嫌が悪いです。笑

 

"飛行機に乗るときは、ある程度寝不足の方が機内で眠れて良い"

と思っていた時期もありましたが、

 

経験上、健康な状態で読書なり映画見るなりしてた方が快適に過ごせる気がします。

無理に機内で寝用とするとかえって疲れるような。

 

ファーストクラスなら話が変わってきますが...。

 

インドネシア料理は安くて美味しかったです。

定番のnasi gorengと、あとはbaksoを食べました。

 

持参したトランプ大統領についての本は120ページほど読めました。

内容としては、彼の経歴とレーガン大統領との類似点など。

なかなか面白いです。

肝心の政治については後半で書かれている模様。

 

佐藤伸行 2016 『ドナルド・トランプ』 文春新書

 

 

今日帰ってきたばかりですが、

実はすでに次回の旅行を計画し始めていまして...笑

 

次はマレー鉄道に乗ってクアラルンプールをめざそうかと思っています。

調べてみたところ、2,000円かからないみたいです。

 

沢木耕太郎 深夜特急2 マレー半島シンガポール

読まなきゃですね。

 

 

 

 

 

 

 

バンドン

ジャカルタから東へ160km、3時時間鉄道に揺られバンドンへ着きました。(1/29 11pm)

 

タクシーでホテルへ。留学関連書類で完成させなければいけないものがあったので、部屋でそれを完成させて就寝。 (1/30 3am)

 

11am ホテルチェックアウト、タクシーでバンドン北部にあるciaterの茶畑へ。

 

f:id:nsw4869:20170131033204j:plain

すごくきれいでした。

 

バンドン駅へ。

 

Economyしか空席がなく、Economyで予約。

80,000ルピア 約700円。

ワンランク上のExecutive でも

だいたい1000円くらい。

 

4:15pm 再びジャカルタへ向けて鉄道旅。

 

そして、現在はもう少しでジャカルタに到着というところです。

 

バンドン良いところでしたよ、ほとんど観光してませんが笑

 

今日はジャカルタに泊まって、明日の早朝のフライトでシンガポールへ戻ります。

ジャカルタのホテルにて写真追加 f:id:nsw4869:20170131033109j:plain