読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海事録

The Saga of the Clipper Ship

セキュリティチェック

3/16 夕方 上海空港 搭乗口にて。

 

なにやら、航空会社の事務員のような方が近づいてきて、

私になにやら話かけている。

 

しかし中国語なので何を話しているのかさっぱり解せない。

 

隣に座っていた中国人と思しき女性が英語で通訳してくれた。

曰く、

「あなたの預けていた荷物、セキュリティチェックに引っかかったみたいよ。」

とのこと。

平静を装って、

「なるほど。ありがとう。」

とだけ返しておいた。

国際線を何度か利用してきたけれども今回のような状況は初めてだ。

ちなみにセキュリティチェックを通過できないようなものをスーツケースに入れた覚えはない。

むしろ、入れたものといえばベルトと靴くらいだ。

最初はそれほど深刻に考えてなかったものの、事務員の方がなかなかに険しい表情をしているので、段々心配になってきた。

 

さらには、

「検査結果を待ってもらいたいから、明日の便に変更してくれませんか。」

と頼まれた。

私は、

「土曜日に選考会があるからそれは無理です。」

と拒否した。

それならばと、

「こちらに、荷物開封の許可をください。」

と書類にサインをさせられた。

 

一抹の不安は残るもののともかくは、予定していた便で日本に帰れることとなった。

 

日本に到着し入国審査を終えると、こちらの空港でもスタッフに呼び止められた。

「OOさんですか?」

はい、と答えた後、現在の荷物検査の状況を聞かされた。

どうやら検査結果は早くて3/17の朝に判明するらしい。

荷物の中に入れていた靴とベルトは選考会で使う予定だったので、

「早くていつ日本へ届きますか。」

と尋ねると、

「明日の20頃ですね。」

家まで配送してもらっていては、選考会に間に合わないので

3/17の夜に空港まで取りにくるということで合意した。

 

説明を一通り聞いたのち、何枚かの紙にサインさせられた。

''荷物開封の許可''に関するものと''中身に問題があった場合にそれを放棄する''

という内容の書類だった。

 

 

 

3/17 昼過ぎ。

「空港から電話かかっとるよ。」

と祖母に起こされた。

検査の結果、wifiルーターが問題だったということがわかった。

昨日、合意書に署名してしまったので、

wifiルーターは手放さなければならない。

wifiルーターを入れていたことをすっかり忘れてしまっていた。

とにもかくにも、大した問題ではなくてよかった。

 

そんなわけで、あと1時間ほどしたら、荷物受け取りのために空港に向かいます。

 

上海国際空港にて

上海国際空港を利用するのは今回が4回目。

 

早朝6時に上海空港に到着した。 チャンギ空港からのフライト時間は約5時間。 深夜便だったこともあり、一眠りするとすぐに到着した。

 

日本へ向けての便は17時発であるから11時間待たねばならない。 今回は早朝の到着で、 程よく眠気が残っていたので11時頃まで眠って時間を潰した。

 

起きた後、Youtubeでも見ようかと 空港のwifiにつないでみた。 接続こそできたものの、Youtubeにはアクセスできなかった。 それだけでなく、Google, Facebook, Twitter いずれもダメ。

 

ここが中国だということを忘れていた。 中国では、SNSYoutubeへのアクセスが政府により制限されている。 それは、北京や上海などの都市でも例外ではない。

 

かろうじて、Yahooへはアクセスすることができた。 トップニュースに一通り目を通したところで、 VPNのことを思い出した。 VPNを使えば制限をくぐり抜けられるかもしれない。

 

さっそくVPN経由でアクセスを試みた。 Facebookのフィードが更新された。 が、読み込みの速度が極めて遅く 逆にストレスが溜まりそうだったので ネットを使うことを諦めた。

 

他にすることといえば本を読むくらいしかないので、 Starbucksへ入った。 ドリップコーヒーとチョコレートマフィンを注文。 かばんにしのばせておいた『深夜特急』を100ページ程読み進めた。

 

本を読むのにも飽きたので、 今これを書いている。 なにはともあれ、出発まで4時間というところまで こぎつけた。

 

残りの時間は日本で何を食べるか考えながら過ごそうと思う。

Changi Airportより

ただいまチャンギ空港でフライト待ちです。

 

行き先は日本。

今回は0:25発の深夜便です。

奨学金の選考会のため、一時帰国します。

 

ちなみにチャンギ国際空港

世界空港ランキングで第一位を獲得しています。

映画館、バタフライガーデン、市内へのツアー等

すべて無料です。

私自身体験したことはないのですが...

 

本は飛行機に乗るときの必需品。

ということで、『深夜特急』の2巻をかばんにいれてきました。

 

観光学の授業で『深夜特急』の存在を知って以来、

ずっと読みたいと思っていたのですが、

先日ひょんなことから手に入り、

ようやく読むことができそうです。

 

この本どんな本かと言いますと、一言でいえば旅行記です。

行程は以下の通り。

 

香港[2] - マカオ[3] - バンコクタイ) - マレーシア - シンガポール - カルカッタインド[4] - ブッダガヤ(インド) - ベナレス(インド) - カーブルアフガニスタン) - テヘランイラン) - アンカラトルコ) - イスタンブール(トルコ) - ギリシャ - イタリア - スペイン - ポルトガル - パリ(フランス) - ロンドンイギリス

深夜特急 - Wikipedia

 

第2巻はマレー半島シンガポール編なので、

読むには最適な状況にあります。

 

 

今日、空港に来る前に大学の後輩と会って話してのですが、

イギリスを離れてからの状況を心配してくれていたみたいです。

 

たしかに、イギリスを出てから今日に至るまでの経緯を

いまいち説明していないので、

同じように心配してくれている人が他にもいそうです...。

 

しかし、実際は全く問題なくて

むしろ事は順調に進んでいますのでご心配ありません。

 

渡英前にFacebookで一通り書こうかと思っています。

 

そろそろ搭乗時刻まで一時間をきりそうなので、

本でも読みながら待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

East Coast

今日は日曜日ということで、

 

イーストコーストにやってきました。

 

 

 

イーストコーストといっても米国の東海岸ではなく、

 

シンガポールのEast Coast Parkです。

 

 

 

久々に釣りでもやろうかとやってきて来たのですが、

 

道具を借りることができず、断念。

 

 

 

代わりにビーチで読書タイムスタート。

 

本日のお供はこれ。

 

 

 

藤原正彦 (1994) 『遥かなるケンブリッジ:一数学者のイギリス』 新潮文庫

 

 

 

藤原さんの本を読むのはこれが3冊目です。

 

 

 

高3の時に読んだ『国家の品格』が1冊目。

 

その翌年に読んだ『日本人の誇り』が2冊目。

 

 

 

『遥かなるケンブリッジ』も上記2冊に勝るとも劣らない面白さで大満足です。

 

 

 

読書をしているとザーっと雨が降り始めたので、

 

海辺のStarbucksに避難して本の続きを読んでいます。

 

 

 

コーヒー

休日の雨

 

 

良き休日です。

 

 

f:id:nsw4869:20170305161414j:plain

ラッフルズホテル

昨日は金曜日ということで、

夜はラッフルズホテルに行ってきました。

 

ラッフルズホテルとは、イギリス植民地時代の1887年に開業したホテルで、

シンガポールで最も由緒あるホテルの一つです。

 

ちなみにラッフルズホテルの"ラッフルズ"とは、

シンガポールの創設者であるトーマス・ラッフルズからとった名です。

(ラッフルズは建国者でなく創設者。建国の父はリー・クアンユー。)

 

ホテルに行った目的ですが、宿泊するためではなく、

Singapore Sling を飲むためです。

 

Singapore Slingとはカクテルの名で、

シンガポールを代表するお酒の一つです。

 

レシピは以下の通り。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/シンガポール・スリング

 

ラッフルズホテルがSingapore Sling発祥の地ということで、

訪れてみました。

 

30分ほど待った後、部屋に案内されました。

床にはピーナッツの殻が散りばめられていました。

 

ラッフルズホテルは、

ピーナッツの殻を床に捨てるstyleなのです。笑

 

Singapore Slingを1杯飲んだ後は、

ひたすらピーナッツを食べて殻の山を築き上げました。

 

ちなみに1杯30SGD(≒¥2,500)でしたが、

私お酒弱いので、飲み放題より断然良かったです。

 

 

シンガポールに田んぼはない?

シンガポールで生活していて、ある疑問が浮かんできました。

 

それは、シンガポールには田んぼが存在しないのではないか

ということ。

 

実際、生活している東部では田畑を一切見かけていない。

しかし、西部のことはよくわからないので、

 

調べてみました。

  

結果は以下の通り。

 

 

f:id:nsw4869:20170301112147p:plain

http://www.mnd.gov.sg/landuseplan/e-book/files/assets/basic-html/index.html#page13

 

 

この表は国土の内訳をあらわしたものなのですが、見たところ農地は載っていません…。仮に田畑が存在したとしても、Othersに含まれる程度。

 

ということは、第一次産業に従事している国民も少ないはず

 

ググってみました。

 

結果は以下の通り。

 

 

Industry Sector

Thousands of Jobs

Change

Percent Distribution

Compound Annual Rate of Change

2004

2014

2024

2004–14

2014–24

2004

2014

2024

2004–14

2014–24

Total(1)

144,047.0

150,539.9

160,328.8

6,492.9

9,788.9

100.0

100.0

100.0

0.4

0.6

 

Nonagriculture wage and salary(2)

132,462.2

139,811.5

149,131.6

7,349.3

9,320.1

92.0

92.9

93.0

0.5

0.6

 

Goods-producing, excluding agriculture

21,815.3

19,170.5

19,227.0

-2,644.8

56.5

15.1

12.7

12.0

-1.3

0.0

Mining

523.2

843.8

924.0

320.6

80.2

0.4

0.6

0.6

4.9

0.9

Construction

6,976.2

6,138.4

6,928.8

-837.8

790.4

4.8

4.1

4.3

-1.3

1.2

Manufacturing

14,315.9

12,188.3

11,374.2

-2,127.6

-814.1

9.9

8.1

7.1

-1.6

-0.7

 

Services-providing

110,646.9

120,641.0

129,904.6

9,994.1

9,263.6

76.8

80.1

81.0

0.9

0.7

Utilities

563.8

553.0

505.1

-10.8

-47.9

0.4

0.4

0.3

-0.2

-0.9

Wholesale trade

5,663.0

5,826.0

6,151.4

163.0

325.4

3.9

3.9

3.8

0.3

0.5

Retail trade

15,058.2

15,364.5

16,129.1

306.3

764.6

10.5

10.2

10.1

0.2

0.5

Transportation and warehousing

4,248.6

4,640.3

4,776.9

391.7

136.6

2.9

3.1

3.0

0.9

0.3

Information

3,118.3

2,739.7

2,712.6

-378.6

-27.1

2.2

1.8

1.7

-1.3

-0.1

Financial activities

8,105.1

7,979.5

8,486.7

-125.6

507.2

5.6

5.3

5.3

-0.2

0.6

Professional and business services

16,394.9

19,096.2

20,985.5

2,701.3

1,889.3

11.4

12.7

13.1

1.5

0.9

Educational services; private

2,762.5

3,417.4

3,756.1

654.9

338.7

1.9

2.3

2.3

2.2

0.9

Health care and social assistance

14,429.8

18,057.4

21,852.2

3,627.6

3,794.8

10.0

12.0

13.6

2.3

1.9

Leisure and hospitality

12,493.1

14,710.0

15,651.2

2,216.9

941.2

8.7

9.8

9.8

1.6

0.6

Other services

6,188.3

6,394.0

6,662.0

205.7

268.0

4.3

4.2

4.2

0.3

0.4

Federal government

2,730.0

2,729.0

2,345.6

-1.0

-383.4

1.9

1.8

1.5

0.0

-1.5

State and local government

18,891.3

19,134.0

19,890.1

242.7

756.1

13.1

12.7

12.4

0.1

0.4

 

Agriculture, forestry, fishing, and hunting(3)

2,111.3

2,138.3

2,027.7

26.9

-110.5

1.5

1.4

1.3

0.1

-0.5

Agricultural wage and salary

1,149.0

1,384.0

1,307.3

235.0

-76.7

0.8

0.9

0.8

1.9

-0.6

Agricultural self-employed workers

962.3

754.3

720.4

-208.1

-33.8

0.7

0.5

0.4

-2.4

-0.5

 

Nonagricultural self-employed workers

9,473.6

8,590.2

9,169.5

-883.4

579.3

6.6

5.7

5.7

-1.0

0.7

https://www.bls.gov/emp/ep_table_201.htm#1

 

第一次産業で働いている人は人口の3%に満たないようです。第一次産業第二次産業はほぼ外国にアウトソーシングしているんですね。

 

ちなみにいつも書いてますが、一人当たりのGDPは日本を超えています

 

uxembourg

105,829

1

Switzerland

79,578

2

Norway

71,497

3

Macao SAR

67,013

4

Ireland

65,871

5

Qatar

60,733

6

Iceland

57,889

7

United States

57,294

8

Denmark

53,243

9

Singapore

53,053

10

Sweden

51,604

11

Australia

51,593

12

San Marino

49,579

13

Netherlands

45,210

14

Austria

44,561

15

Finland

43,492

16

Hong Kong SAR

42,963

17

Germany

42,326

18

Canada

42,319

19

Belgium

41,491

20

United Kingdom

40,412

21

France

38,537

22

New Zealand

38,066

23

United Arab Emirates

38,050

24

Japan

37,304

25

http://statisticstimes.com/economy/countries-by-projected-gdp-capita.php

 

では、食料などはどこから輸入しているのでしょうか。

ググってみました。

 

結果は以下の通り。

 

f:id:nsw4869:20170301112545p:plain

 

http://atlas.media.mit.edu/en/profile/country/sgp/#Imports

 

中国、もしくはマレーシアが主な輸入先みたいですね。

 

ということで、シンガポールには田んぼがないのでは?
という予想は当たったみたいです。

 

 

 

 

 

 

Kindle

海外でも和書を読みたい

 

という内容を以前書いたとき、それを読んだ後輩くんが

 

Kindleをすすめてくれました。

 

実は私もKindleという選択肢をもってはいたのですが、

 

・液晶ディスプレイでの読書は目が疲れそう。

・本という形あるものでないと買っただけで読まなさそう。

 

という理由からKindleでの書籍購入を躊躇していました。

 

そんな折、本日新たに別の友人からKindleをすすめられました。 

 

彼はKindleの端末を持っていたので、読ませてもらいました。

 

感想としては、思っていたより断然読みやすかった。

 

どうやらE Inkと呼ばれる表示技術のおかげらしい。

 

磁石で砂鉄を動かし文字を形成するのだとか。

 

重量も軽く、及第点をやすやすと越えてきました。

 

これからも日本では紙媒体のものを選び続けると思いますが、

 

海外滞在中はKindleで読むことにします。