読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海事録

The Saga of the Clipper Ship

食事

'イギリスのご飯は美味しくない'

 

これはもはやのように定説になっていますよね。'イギリスの料理は〜'と一概に言ってしまう感じはあまり好きではないのですが、これには同意せざるを得ません。

 

基本的に、日本の食事はべちゃべちゃ系やほろほろ系の傾向がありますが、イギリスの食事はパサパサ系やカチカチ系が多いです。

 

たとえばハンバーガーについては、パティはなんとか及第点に達しているもののバンズがパサパサで口の中の水分をすべて吸い取られてしまうようなかんじです。

 

ある程度お金を出せばおいしいものも食べられるのかもしれませんが、予算¥1000以内で食べ比べた場合日本の圧倒的勝利です。

 

しかし12年前、父の知人であるイギリス人の方のお宅を訪れて際、手料理を振舞ってもらったのですが、その時の料理は美味しかったです。むしろ、そこで私はカリフラワーを克服しました。カリフラワー特有の'もそもそ'した感じがなく上手に蒸されていて上にチーズが乗せてあり非常に美味しかった記憶があります。ラム肉もその時初めて食べたのですが臭みもなく上手く調理されていました。

 

外食の平均レベルは日本と比べて劣るけども、料理が上手な方もいらっしゃるということですかね。

 

来週末にスコットランド生まれの知人に伝統料理'ハギス'を食べに連れて行ってもらう予定なのではたしてどんな味がするのか楽しみです。