読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海事録

The Saga of the Clipper Ship

前進

エディンバラを一旦離れ、もう一度自分を鍛え直す。

これは後退でも停滞でもなく、前進であると自分に言い聞かせています。

このことが実際に前進であったのかどうかはこの一年の過ごし方によることは言うまでもありません。

1年後に圧倒的に成長した自分が再びここエディンバラに帰ってくることイメージして日々鍛錬です。

去就が決まって、日本にいる家族やこちらの友達にだけは伝えました。友達の中には、夜の散歩に誘ってくれたり、ご飯に誘ってくれたり。そして、今後の進路の相談に乗ってくださっている日本人の先輩。ありきたりな言葉ではあるけれど、良い人たちに恵まれたな、と。

日本にいる友達にはまだ誰にも伝えていません。

今後の計画がはっきりしたら、帰国理由などからすべて話そうかなと考えています。