読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海事録

The Saga of the Clipper Ship

病院にて2

祖父の診察の待ち時間にて。

今日も朝4時から勉強始めました。勉強してるその時間って、結果が出たり、その知識が役に立ったりして、初めて意味を感じることができる時間だから、その最中はやっぱり面白いとは言い難い。自分としては、会話や、読書なんかで十分に自らの知的欲求は満たすことができると思っているので、何時間も部屋にこもって勉強するとはなるとやっぱり面白くなくなる。まあ、本当に面白さだけが理由で勉強してる人は少ないんだろうとは思いますけども。

今は、目標としているところへ到達するために勉強が必要で、避けることができないのでやっています。

とにかく24歳までやれるだけやってみて、それでうまく軌道に乗れなかったら、いわゆる'普通'の道を進もうと思ってます。まあ'普通'の定義も難しいですが。とにかく今はもう少しやってみようかという状況。

勉強の合間に気分転換で、''自由の規律''という本を読んでいます。イギリスのパブリックスクールについて書いてある本なんですけど、非常に面白い。古き良きイギリスという感じ。そもそもイギリスが好きになった最初のきっかけはハリーポッターベッカムだったように思います。そこから、シャーロックホームズ、ジェームズボンド、イギリスへの旅行なんかが、私をイギリス狂たらしめました。たしかに、ドーバー海峡を越えた英国人は紳士でなくなる、と言われたように歴史的に横暴な国家であったと言えるかもしれませんが、もうそれらの歴史なんかもひっくるめてイギリスは大変興味深い国だと思います。

おっと、向こうから診察を受け終わった祖父が歩いてくる、そろそろお別れの時間のようだ。では、また明日。