読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海事録

The Saga of the Clipper Ship

夕刻、カフェにて

地元のとあるコーヒーショップにて、明日からの1週間をどう過ごすか、何を準備すべきかを1人で考えてゐる。

出国をちょうど1週間後に控えて、今は興奮とも緊張とも言えない微妙な気持ちである。一応渡航費は支給してもらえるけれども、例によって節約のため、直航便ではなく乗り継ぎ有りの便を予約した。今回は上海で乗り変える。空港での待ち時間をいかにしてつぶすか、また考えてなければ…。考えるといっても、選択肢は2つか3つしかない。読書かSNSもしくは、空港内の探索である。

上海は以前バンコクへ行った時にも、乗り換えに使ったことがある。あの時は待ち時間が10時間程あった。今回は5時間だから少しはマシだ。

中国の航空会社なので、失礼ながら機内食には全く期待していない。中国に限らず、どの航空会社もエコノミークラスの機内食は美味しいとは言い難い。強いて言うなら、エミレーツ航空機内食が1番まともだったような気がする。

ちなみに、シンガポールは気温、湿度ともに高く、一年中、8月の東京のような状況らしい。

少し長居しすぎてしまった。冷めたコーヒーを飲み干して、帰ることにする。